スポンサードリンク

株主優待とは

株主優待は日本の上場企業が株主に対してのベネフィットとして、自社製品やサービス、金券、クオカードなど様々な優待内容を提供する株主対象のサービスです。

 

これは配当金と同様で株主還元としてあり、利回りと考えられます。

但し、優待制度はすべての上場企業が実施しているわけではなく、企業側に必ずしも実施しなければいけないという法的根拠はないです。

 

一般には食品および外食産業、サービス全般などの業種で優待制度を実施していることが多く、おおよそは自社製品およびサービスを優待として提供していることが多く、その意図は自社製品や展開するサービスを広く知ってもらい、継続して株式保有を促すという狙いもあります。

 

優待は一定の株式を保有している株主に対し、優待権利確定日を跨ぐ株式保有状態にある場合のみ与えられる権利で、権利確定最終売買日前に株式を売却している株主には権利がありません。

株主優待には募金やふるさと納税と言った社会貢献的なものもあります。

株主優待のメリットとデメリットは?

株主優待のメリットは、商品やサービスで株主のみが与えられる権利としてそれを受けるそのものがメリットとなります。

配当金支払い以外で何らかの商品やサービスが受けられるため、大きなベネフィットとして考えられます。

 

配当金と異なるところは、利益に対して敏感な配当金に比べて優待利回りが高く、とくにサービスや自社で利用できるクーポンなどの還元率は高いことが多いです。

 

配当金は所有株式数が多い株主に対して比例して多く支払われますが、株主優待の場合、必ずしも所有株数に比例するのではなく、少額投資家に優待利回りが高いという点があり、権利獲得採点単元数で優待を目的とした投資をする人も多く、とくに主婦を中心に多いです。

 

優待を受けるデメリットはとくにないですが、優待権利確定日を跨ぐと、株が売られる傾向が見られ、優待利回り相当もしくはそれ以上の株価下落となることがあります。

工場見学や入場券、クーポンなどの利用の場合、現地までの交通費負担が大きくなることがあります。

株主優待のおすすめはどこ?

株主優待としおすすめの企業は、食品関連および外食産業でしょう。

全国で展開しているファストフード店やレストランチェーンなどの無料飲食券やクーポンなどが優待利回りが高く人気です。

金融機関の優待内容に株主限定定期預金金利優遇というものがあり、一般的な定期預金金利の10倍の金利付加が行われ、所有株数により金利、対象となる預金額や預金期間に差をつけていることもあります。

 

公共交通機関などの場合、自社の利用券(株主優待券)を主有株数に対して還元していることが多く、これも還元率として高いです。

 

そのほかでも金券などを配布する優待があり、人気が高いです。

金券類や優待券の場合、金券ショップにて買取ってくれることが多く、利用しない人であれば換金が可能という点もメリットとなります。

 

現在、日本では金券やギフトを提供する企業が470社以上、食品関係の提供する企業が450社以上であり、投資家自身が受けたいベネフィットを選んで株式を購入する傾向が高いです。

おすすめの記事